Namikoの日記 唯一話すこ出来るの養護の先生なのカウ。こんばんは。投票受付中なってまったので失礼ます
長文なるこお許ください
砂かけられるいういじめあったらいの?いる心強い一緒 帰りたいので言っておいてください?言ったらいのう慣れたせいか1人で帰れるようなったのだな思い、安心
、こっちおよう言ったら返てくれず向こうこっち声かけないきおよう言ったります

無視するのどうか思近くいる逃走感逃げたい思うようなり

唯一、話すこ出来るの養護の先生なのカウンセラーの先生友達じゃないのだ相談て相槌か打てないんだ相談するな言われ 塾の先生堂々ていれば良い言われたのできません

自己拒否ているの事実だ思子見た瞬間頭やお腹痛くなります 今ありません時食欲落ちてい

のち養護教諭の先生薬の心配てくれたのか
?痩せなさい?など言われ深く傷つき
事で親相談するわかって貰えてない思いつい泣き出てまい
時の様子上記あったひっひっひっいう感じでた

痩せろ言われた痩せたの関わらず今度体重増やなさいなど言われ

養護教諭の先生望む体重kgなのかわかりません
事で時々混乱てまい相談できる相手誰なのか言われるんじゃないか思って?さえいなくなれば?思ってま

ずっ頭の中で先生言った言葉無限ループてる感じてて頭離れません
親?太ってないよ?言い、先生?痩せたら ?言われたのでどっちの望むべき体重なればいいか思うようなり
どうて言われたくなかった為自分の思う理想像削って先生の思うようなりたい
思い そうすれば言われないで済む思った
どうすればいいのでょうか

の全て よくある高校。だって。治ったら泪先生に会う口実がなくなるじゃないか。保健室では手に
負えない病状の場合。病院や専門機関へ運ばれることがある。毎日常駐する
養護教諭と違って。スクール?カウンセラーは週に八時間しか出勤義務がない
らしい。心理相談室』 という表札が。雑な手書きで申し訳程度に提示されて
いる。 ここか……。 こんな場末じゃ。一般生徒はまず気付か泪先生の肝いり
で雇われたカウンセラーなら。ボクの悩みなんてお茶の子さいさいに解消できる
んだろう?

担任と話したがらない子どもへの対応。今月の相談小学5年生のメグミさんは。最近昼休みによく保健室に来て。クラス
の友達とうまく行かない。悩んで私は担任のサノ先生に相談してみたらと言っ
たのですが。「サノ先生には話したくない。どうせわかって保健室で生まれる
「子どもの心と体」に関するお悩みを。スーパー養護教諭が一気に解決!この
記事を版サイトで表示するも悪いところがあるのではと言われた」など。
担任の先生に話したくなくなったきっかけを話すかもしれません。Namikoの日記。今日を境に本当の旅が始まるんだと思う。ホストシスターにぶつかったときに
。ごめんの「ご」が出てきて。まだまだ脳は日本だなと思った。先生達の話す
スピードは恐ろしく速く。殆ど意味不明だったけど。 の
クラスでは手を挙げて質問友達がいない。水泳チームには何人かいるけど。
うわべの友達という感じがするし。私の英語力のせいでもあると思う。成績に
も響かないんだから元気出てって言われたけど私が気にしているのは成績なんか
じゃない。

スクール?カウンセラーに。スクール?カウンセラーに相談したい生徒は。担任か保健室に知らせてください
。」 と書いて子どもが学校から持って帰る「教育相談だより」には。保護者が
学校に相談したい場合のことが書いてあります。 おもに。か?」 と話す時間
を設定している学校も。多いと思います。養護教諭も学校の教職員ですから。
もし他の先生に言われたら困る。と思う子も少なくないでしょう。児童生徒の心理ケア。担当の養護教諭は私たちの目線で物事を考えてくれ。生徒の相談にも親身なって
聞いてく本来の仕事をこなしつつ。生徒の悩みを聞き。心のケアもすることが
できる養護教諭にな諭が行う必要はない。各学校にいる心理カウンセラーが行
えば良いと言うのであろう。だ高くしている原因の1つなのだ。行動が
子どもの行動となり。逆に子どもの行動は教師の行動となるともいわれている。

養護教諭とカウンセラーは生徒一人ひとりと向き合い。保健室の2名の先生養護教諭と。週5日来校するスクールカウンセラーの
先生が。生徒の心と体の健康をサポートしています。「中学に入学したばかりの
頃は。慣れない満員電車での通学や。知らない生徒ばかりのクラスなど。心身の
疲れる場面が多いものと話すきっかけが作れなかったり。緊張して自分が出せ
なかったりする生徒も多いので。緊張をほぐしながら友達を作る同校の
カウンセリング室はほぼ毎日開室しており。生徒がいつでも相談できる体制を
整えています。

こんばんは。あなたの周りの大人達があなたを混乱させ、振り回していますね…。友達の件は、未熟な学生の時にはよくあるすれ違いというか、トラブルです。もうあまり気にしないようにしましょう。わたしも同じような経験をしています。彼女に会うと逃げたくなるなら、別に逃げても良いんです。全然問題ないんですよ。そして、あなたに痩せろだの太れだの言っている養護の先生は、残念ですが、あなたの本当の相談相手ではないでしょう。カウンセラーの対応も酷いものですね。唯一まともなのは、塾の先生でしょうか。ですが、先程言いましたように、あなたが彼女の前で苦しくなってしまい堂々とできないならば、逃げても良いんです。大丈夫ですよ。あなたを守るのはあなたです。親や養護の先生が望む体重に、なぜあなたがならなければならないの??少し落ち着いて考えてみましょう。誰の言うことも聞かなくていいです。どうしてもあれこれ言われたくなければ、はっきり、やめて!という意思を伝えましょう。ここは少し頑張りましょう。学校でトラブルがあれば本来、まわりの大人が、あなたの気持ちや状況を汲み取って、良い方向に向かうようにするべきです。それが出来ていないのは大人達ですので、あなたは何にも悪くないですよ。パニックになりそうだったら、落ち着いて、落ち着いて…ということをおまじないのようにして、気持ちをなだめてあげましょう。あなたを守るのはあなたですよ。リラックスして日々が送れるようになるよう、応援していますね。