数列の問題です ⑶3回の操作後2枚の板の上面左白黒の状態。毎回の操作で、赤赤→1/6青青→1/6赤青→4/6白,白からスタートとすると⑴袋から玉を取り出す操作をした際は必ず板の色の組み合わせは変わる訳で、白,白から右だけを裏返す必要があり、つまり青青を引かなければならない。数学IIの問題

片面白色、う片面黒色塗った板2枚あり、最初2枚の板上面左「白白」の状態で机の上左右並べて置いてある 次の操作3回繰り返て板 裏返ていく
【操作】 赤玉2個、青玉2個の合計4個の玉入った袋同時2個の玉取り出す
取り出た玉赤玉2個の場合左側の板だけ裏返す
青玉2個の場合右側の板だけ裏返す
赤玉青玉の場合2枚裏返す
ただ、取り出た玉1回毎袋戻すのする
⑴1階の操作後、2枚の板の上面左「白黒」の状態である確率求めよ
⑵2回の操作後、2枚の板の上面左「黒黒」の状態である確率求めよ
⑶3回の操作後、2枚の板の上面左「白黒」の状態である確率求めよ、3回の操作後、2枚の板の上面左「白黒」の状態であったき、左側の板1回裏返らなかった条件付き確率求めよ 問題。取り出された玉のうちで,白玉の個数が赤玉の個数より多いときは試行を中止し
, そうでないときは袋の中に玉があるかぎり試行を続ける $$ 回目に硬貨
を投げたあと,駒が点にある確率を求めよ. $$ 回目に硬貨を投げたあと,
駒がある点 $_$片面を白色に,もう片面を黒色に塗った正方形の板が枚
ある。この枚の板を机の上に横に並べ,次の操作を繰り返し行う.さらに
回目の操作を行って出たさいころの目がであれば,色の並び方は「黒白黒」と
なる.

数列の問題です。必要な黒タイルの枚数を[]とすると{[]}={[],=,}={[], [], [], [],
[]} ={,,,,,, } []はガウス袋の中に10個黒7?白3のおはじきが
あり。ここから3枚を続けて選ぶ。 1 3回この操作を3回行ったあと。
黒の面が上になっているカードの枚数がである確率をPとするとき。次の各
問いに答えよ。 1の 「白白白」から始めて。回の操作の結果。色の
並び方が「白白白」または「白黒白」となる確率を求めよ。 #東大理系数学'04年前期[6]。「白白白」から始めて。回の操作の結果。色の並び方が「白白白」または「
白黒白」となる確率を求めよ。解答 で。事象の推移のカラクリを調べる
とともに。確率の数列の初項を求め。で。漸化式を作って確率を求めるという
オーソドックスな確率ある回数さいころを振って。「黒白白」になる確率。「
白黒白」になる確率。「白白黒」になる確率は同じです。黒が枚のときに。
黒が白に変わると。黒の枚数は枚に。白が黒に変わると。黒の枚数は枚になり
ます。

⑶3回の操作後2枚の板の上面左白黒の状態である確率求めよ3回の操作後2枚の板の上面左白黒の状態であったき左側の板1回裏返らなかった条件付き確率求めよの画像をすべて見る。2の解き方が分からないです。黒色と白色のタイルを。黒?白?白の順をくり返し。重ならないように左から右に
並べていきます。枚行目は。左から枚目が黒色のタイルとなり
ます。行目から行目までタイルを並べるとき。必要となる黒色のタイルの枚数
2のときは 行ぶん÷三行ぶんより/3回繰り返すとわかりますが。 行目は
左から3枚目が黒タイルであり 三行目左から2枚目が黒ここまで書いてお
いて何なのですが。もしかしたらもっと簡単に求められる方法があるかもしれ
ません。

毎回の操作で、赤赤→1/6青青→1/6赤青→4/6白,白からスタートとすると⑴袋から玉を取り出す操作をした際は必ず板の色の組み合わせは変わる訳で、白,白から右だけを裏返す必要があり、つまり青青を引かなければならない。つまり1/6です。⑵2回の操作のは全部で36通りあります1/6^2。まず白,白スタートで、1回目の操作で赤赤の場合は、板は黒,白になります。その状態から黒,黒にするには右だけ裏返す必要があり青青を引く必要があります。つまり1/6です。赤赤引→青青を引く確率は1/6^2で1/36。1回目の操作が青青の場合、板は白,黒になり、その状態から黒,黒にするには左だけ裏返す必要があります。つまり赤赤の1/6。青青→赤赤を引く確率は1/36。最後に、1回目の操作が赤,青だった場合、板は黒,黒になります。板は操作をすると必ず変わる訳なので黒,黒の次の操作で再び黒,黒になる事はありません。つまり0/36。合計で2/36=1/18です。⑶3回の操作のあり得るパターンは216通り。1回目が赤赤の場合、板は黒,白になります。2回目の操作で起こりうるパターンは①赤赤→白,白②青青→黒,黒③赤青→白,黒です。3回目で白,黒にするには、2回目で白,黒が出来上がってたとしたら不可能ですので③は消えます。残りの2パターンを見ていきます。①白,黒にするには青青を引く必要があります。この場合、赤赤→赤赤→青青=1/6^3で1/216。②白,黒にするには赤赤を引く必要があります。つまり、赤赤→赤赤→赤赤=1/216。合計2/216です。1回目が青青の場合は、板は白,黒になります。2回目であり得るパターンは、①赤赤→黒,黒②青青→白,白③赤青→黒,白です。①白,黒を作るには、赤赤を引く必要があり、青青→赤赤→赤赤=1/216。②白,黒を作るには、青青を引く必要があり、青青→青青→青青=1/216。③白,黒を作るには、赤青を引く必要があり、青青→赤青→赤青=16/2161/6×4/6×4/6。合計で18/216です。1回目が赤青の場合は、板は黒,黒になります。2回目であり得るパターンは、①赤赤→白,黒②青青→黒,白③赤青→白,白です。①は2回目で白,黒が出来上がってしまってるため排除。②白,黒にするには、赤青を引く必要があり、赤青→青青→赤青=16/216。③白,黒にするには、青青を引く必要があり、赤青→赤青→青青=16/216。合計で32/216です。全てを合計すると、52/216=13/54です。⑶の条件付き確率の方は、赤赤、赤青を一度も引いてないパターンを考える必要があります。今回は袋から取り出す玉の色の組み合わせは3パターンしかないため、2パターンが消えると、必然的に残りの1パターンを引き続けなければなりません。なので青青→青青→青青のみなので、答えは1/216です。正直高校数学はほぼはやった事ないのでもっと簡単な方法があるかもしれませんが、我流で解きました。文章にすると少しややこしくなりますが、紙に図とか書いたら案外すぐ終わります。