メッセージ一覧 自殺っていけないこか。自殺がいけない事ではないですし生きる事がえらい訳でもないです。自殺っていけないこか 自殺は罪なのか。死を罪であるとするのは。社会的に見てそれが許されない行為である。つまり
倫理観にもとづく判断を加えるからです。知人に。子供が自閉症で離婚されて
女手一人で子供を育てている人がいますが自殺を考える余裕も無く「生きるよ」
って子供にも自分にもけど。迷惑がかかる人が一人でもいたら。いけない
んじゃねーの迷惑とは。見なくてもいい死体を見てしまった発見者とか。運ぶ人
とか…メッセージ一覧。死んじゃいけないならさ。人生変わってくれよ疲れたよ家族なんていらない眠れ
ないから人より早く死ねるのか苦しみから解放されたい死にたい死にたい死に
たい産むときがそもそも大変で。「母子共に危険です」って言われて。帝王
切開

どうせ死んでしまうのに。ストアでは。 どうせ死んでしまうのに。なぜいま死んではいけないのか?
角川文庫著者の元に集まってきた自殺願望のある人たちとのやりとりを
踏まえて。なぜ自殺してはいけないのか?に対するって少しホッとします。
続きを死にたくなったら。今「自殺」を考えている方。死んではいけない。絶対死んではいけない。一度や
二度自殺を考える人のほうがまともなのです。通常の感受性があればそういう
ことを考えてしまうものです。なぜ自殺をしてはいけないのか。見方によっては「冷たく」映るかもしれません。気分を害する方は読み飛ばして
ください。 今回はイェール大学教授のシェリー?ケーガン教授の著書「死とは何
か」

「自殺しちゃいけない」ってホントにそうなの。劣等感を持つ子が。大人に対して攻撃をするための武器として。「なぜ死んでは
いけないのか?」という問いを用いる状況があるでしょう。 これは。普段から
大人から「どうしてそんなこともできないんだ」とか「お前はだめな殺人や自殺はなぜいけないのか。新型コロナの影響で自殺者が増えていると伝えられ。また竹内結子さんや三浦春
馬さんなど。有名人の自殺報道も相次いでいる。 なぜ自殺はいけないのか。結局
は自分の体ではないか。 正面から問われると。意外と答えるの

自殺がいけない事ではないですし生きる事がえらい訳でもないです。あなたの人生なので、幸せになってください。ダメダメ!どんな理屈をこねても絶対認めない。自分に対する殺人と考える事が出来ます。殺人はいけない事です、たとえ自分に対してもね。私達は天国非物質世界と物質世界を往復しながら生きています。輪廻転生と言いますがこれを繰り返しながら成長しようとしています。成長には時間と苦しみも必要で苦しみの経験が無ければ魂の浄化にはなりません。解り難いかも知れませんが苦しむ事で人は成長しています。過去のカルマの解消をしています。苦しむと言う事は成長する絶好のチャンスなのです。これが普通に生きていると解り難いのです。自殺に関しては簡単な法則があります。この法則そのものが在るとか無いについては別の話になってきますが倫理的な問題なのです。「人の物を盗ったらダメ」と言うのは解りますよねこれが罪と言うもので罪が在るのは解りますよね。私の言っているのは、警察に捕まるとか言う今の法律に照らし合わせた罪では無いです。倫理的な問題としての人としての在り方生き方を言っています。盗ろうと思えば盗る事は可能ですよね。盗れる状態にあっても自分の自由意志で人の物を盗る事も出来るし、盗らないでやり過ごす事も出来ます。法律が無かったら盗るかどうかです。法律が無かっても盗らない方が良いと思う心の「良心」の事を話しています。「良心」に耳を傾けられない人或いは、聞こえない人は盗るでしょうしかし、取らない方が良いと思う人の方が多いですよね。これは、特に日本ではこう言った時に盗らないと考える人が多い事に嬉しく思っていますですから日本人は世界から賞賛される民族になっていますね。私達には自由意志と言うのがあります。盗らないと言う事は、物欲を理性が押さえると言うハードルを一つ乗り超え「浄化」した事になります。もう一つ理解して置いて欲しい事に人は死んでもそのままの意識を維持していると言う事です。自殺をした人の多くは、自分が死んだ事が解らず何回も自殺を試みるそうです。この話は長くなるので、ここでは次に進めますが自殺すると言う事は取り締まる法律もないし取り締まりも出来ません法的には被疑者死亡の殺人事件ですね。自分の肉体を自分で殺害し、それより先の経験を奪ったと言う事です。そのまま生存していれば、将来もっと多くを学べた事柄???いや、学ばなければならなかった事を途中で止めてしまう事になります。自分が自由に出来るからと言って「殺人」を犯して良い筈がないですよね。罪は罪です。本来なら生きていた残りの時間をもう一度やり直す事に必ずなります。親が自分の自由だからと言って小さい自分の子供を殺すのと同じです。この行為が「罪」になって霊体自分は後天国で大きく反省する生活を送ることになります。この反省は長い期間が必要で再度、理解して挑戦してカルマの解消を計ろうとするまで続きます。このカルマの解消には再生が必要でさらに同程度の負荷も必要になります。この事を無間地獄と言う人も居ますが地獄では無いです。全て自分の自由意思で進んで体験しようとする行為です。今、貴方に起こっている辛さのハードルをクリアしなければ同じようなハードルを次来世はクリアする必要があると言う事です。見方を変えれば、違った価値観で見れば、人間は全員、自殺で死んでいるとも言える。 つまり、神を信じ切れていないから、地獄地球に送られる。天国に入れれば、死ぬことは永遠になくなる。信じ切れない人は、何度もやり直しで、地球に戻される。神と同じような愛を持てた魂だけが天国の門をくぐる事を許される。おはようございます^-^生きている時間は恩恵や奇跡に出会うことがある可能性は0ではないんです。生きている時間の報酬だったりします。良い行いをしておくとチャンスも増えたりします。寿命は何故か平等ではありません。生きている時間も限られたものなんです。人に迷惑のかからない自殺ならまだしも、線路に飛び込む…高い所から飛び降りる……などの自殺は、大勢の人に迷惑がかかりますよね。都会なら鉄道が止まっただけで数万人という人に迷惑がかかるんですよ。その人にとって生きるのが辛すぎる状況というのは当然あるわけで、人生から逃げ出すのを「いけないこと」とするのは余りにかわいそうです。けれど逃げ出してしまったら、自分のストーリーを最後まで見れなかったという事ですから、私としてはどんなに辛くても最後まで生き切ってほしいと思います。人生は最後まで生き切るだけで素晴らしいのだ、それだけで1人の人間として大きな価値があるんだ、ということをもっと広める必要があると感じます。人に迷惑をかけないなら自由です。が、線路に飛び込むなどの方法は大迷惑ですね。行為自体はいけないことではないでしょうね宗教とかの要素を排除して、行為そのものに目を向けた場合です。